実績例

コープさっぽろ様

従来は降雪の有無を水分センサーで感知し、路面温度が設定以下だとロードヒーティングの電気ヒーターが通電するようになっていました。

主な路面が乾燥していても水分センサーの部分が濡れていて実際は通電している状態が多いのが実情でした。

これを降雪センサー、路面センサー、外気温度センサーの組み合わせでロジックを組みました。
外気温度によって予熱時間温度と時間を調節。降雪による残動運転時間も自動で行います。

遠隔で監視して地方の温度条件に合った設定に変えていくことが可能になります。
そして必要最低限の余熱運転をすることにより大きな省エネを実現しました。

路面の状況実際の外気温度、路面温度、降雪状態、RH運転状態のグラフセンサー


東洋実業様 本社ビル

北海道のメンテナンス企業として初のBEMSを自社ビルに導入して頂きました。
自社ビルをモデルにして顧客の管理物件等に対してBEMS化の提案営業を進める予定です。

現状の機器の運転状態、エネルギー使用状況を把握して何が問題なのか、現状把握をしていきます。
機器台帳をASPソフトで作成し、機器の更新時期を把握し、中長期修繕計画の策定を行う為の根拠とします。

計測点としては外気温度、室内温度、熱媒水の往き還り温度、給水量、電力量を計測。
設備改善として熱源ポンプのインバータ制御、室内温度制御、デマンド制御を行います。

日々の電力の削減と電力の基本契約の見直しを行い、コスト削減をしていきます。
改善の評価として定期報告書の作成をASPソフトで行い、全社でPDCAサイクルを回し、継続的な省エネ活動をしていきます。

東洋実業様 本社ビル


大型ショッピングセンター

千歳市の商業施設の改修工事を担当し、従来の中央監視システムをアンカードBEMSに入れ替えをしました。

空調機のファンにインバータを設置し、エアクオリティ制御を加えました。



[ 26 April, 2009 ] • [ lovely ]